キャバ嬢でもお金を借りられる時代

今から10年も前になる話なんですが、中学以来の友人から写メ付きでメールが送られてきました。
その写メを見ると、失礼ながら地方の安っぽい店で働いていそうな、お水系の女性。
それだけなら「これ誰? 何で私に送ってきたの?」となるのですが、メールの本文を見て驚愕。

「これ、中学校の時のAさんだって(笑)」

Aさんというのは、私たちと中学校3年間ずっと同じクラスだった人です。
ものすごく大人しいというか暗い印象で、友達もいなかったらしく、常に一人寂しく過ごしていました。
いじめられてはいないようでした(本人的にはどう思っていたかはわかりません)が、少なくとも私はAさんとまともに会話した記憶がありません。

そんなAさんが、やはり地元(西日本のとある田舎)にある、格安を売りにしているキャバクラで働いているというのです。

photo

キャバクラといえば、お客さんと会話するのが仕事ですよね。
これまた失礼ながら、「Aさん……そんな仕事できるの?」と思ってしまいました。
私の予想は当たっていたようで、もともと人気店とは程遠い店の中でも、成績は下から数えた方が早いレベル。

なぜ、明らかに不向きな仕事をしているのかというと……どうやら、借金があるようなのです。
どういう経緯で借金を抱えたのかはわかりませんが、OLなどの収入では追いつかない額という情報もあるとか。
指名も取れず、ほとんど稼げないであろう彼女が、本当に借金なんてできるのでしょうか?

答えはなんと、「YES」との事。
実際、水商売・キャバ嬢の方のカードローンを用意している企業があるんだそうです。
メディアで紹介されるような人気嬢ならまだしも、Aさんのように稼げていない人もいるので、こういう商売って「収入が安定しない職業」とみなされるようですね。
今は専業主婦やフリーターでもお金を借りられる時代なので、キャバ嬢がお金を借りるのも何ら珍しくはないという事なのでしょう。

ただ、Aさんはもっと自分に合った職業に就いた方が良いのでは……。
余計なお世話なんですけどね。

浴室リフォーム資金はどこから?

今年のお正月、実家に帰った時、浴室がとても綺麗になっていて驚きました。
掃除したとかいう次元ではなく、完全にリフォームされていたのです。

photo

それまでは、土とタイルで出来た壁はカビが大量に繁殖しており、ところどころひび割れもありました。
浴槽は汚いというわけではありませんでしたが、そこそこ深いので将来年老いた両親が入るには少々不安がありました。
そして、脱衣所が非常に狭く、近くにコンセントもなかったのですが、そちらも改善されておりました。
風が入りやすい西窓なので夏はまだいいのですが、暖房器具を設置できない冬は本当に辛かったです。
せっかく温まった体が、水気を拭いてパジャマを着る間にすっかり冷え切ってしまうほどでした。

で、ここまで綺麗になった浴室、予算はいくらかかったのかというと、およそ100万円。
父は定年退職後、母は働いているけど時給制のパートタイマー、妹はまだ学生でアルバイトです。
どこにそんなお金があったのかと思いきや……なんと母がカードローンを利用していたのです。
貯蓄がないわけではなかったのですが、いつ何が起こるかわからないまま、100万円もの大金を貯蓄から使ってしまうのは気が引けたというのです。
で、すでに実家を出ている私には打ち明けずに、リフォーム費用のおよそ半分にあたる50万円を、カードローンで借り入れたわけです。
全額借りるという案もあったそうですが、それはそれで途中から返せなくなったらまずいという意見で一致したのだとか。

パートタイマーの母とアルバイトの妹の収入だけで完済できるか不安になったのですが、正直我が家もカンパできるほどの収入がないので、話を聞くだけで終わりました。
本人たちは「順調に返済できてるから心配いらない」と言っていましたが、まだ完済予定まで半分以上残っています。
50万円っていうと、借金としては安い方と思われがちですが、一般人にとってはかなりの大金。
カードローンに頼ってまでリフォームをした恩恵を受けられるといいのですが……。

こっそりCDを買うために……

photo

何気なくインターネットを眺めていたとき、数年前に買いそびれたCDが、定価より若干安い値段で中古販売されているのを見つけました。
限定生産のもので、もう通常ルートでは購入できません。
しかも、その商品を取り扱っているショップはそこだけでした。

しかし、定価以下とはいえ5000円近くする代物。
当時、給料日の4日前で、財布の中には野口さんが2人。
貯金を下ろせば良いだけの話ですが、お金の使い道に厳しい夫がこまめに通帳をチェックしているため、ごまかすのが大変なんです。
ちょっと友人たちとお茶しに行くだけでも「安い店にしろよ」「絶対領収書貰ってこいよ」と言われる始末。
そんな環境で5000円下ろしてCDを買った事がバレると……どうなるかわかりません。
もともと自分で稼いだお金ですが、当時は出産のため休職中だったので、収入は一時的ながらゼロの状態でした。

私は貯金を下ろすのではなく、カードローンを利用する事にしました。
実は、専業主婦の友人から「ちょっとしたお小遣いが欲しい時のために」と、専業主婦向けのカードローンを教えてもらっていたのです。
上限は低いけれど、一応お小遣い程度のお金を借りる事は可能なので、時々お世話になっているとの事。
そこで、「出産費用を補うため」という名目で、5万円を借りました。
本当に出産費用を借りても良かったんだけど、あまり多額すぎると返済に困りそうなので、この額にしました。

念願だった限定CDをゲットできてホクホクでしたが、CDを買った事もカードローンを利用した事も夫には言えませんでした。
なので日中だけ楽しみ、夫が帰ってくる前に押し入れに隠していました。

無事に子どもが産まれ、3年経過しましたが、未だにバレていません。
仕事に復帰して収入も元通りになり、CDを隠す事はなくなりましたが、特に何も言われておりません。
カードローンを利用していた事にも気づいていないようです。
明細やDM、電話等は絶対にしないで下さいとお願いした甲斐がありました。

反復利用は可能でも……

カードローンは、書いて字のごとく専用のカードを発行する事でお金が借りられるようになるんですよね。
という事は、そのカードが有効である限り、反復利用が可能という事になるわけですね。
単発契約よりも手軽に借りられそうで、意外と重宝しそうです。

photo

反復利用が可能とはいえ、上限がある事に変わりはないようですが……。
たとえば上限額が100万円として、すでに50万円を借りている場合、新規で借りられるお金も50万円までという事になります。
もちろん、一度借りた全額を返済した後であれば、100万円まで借りられるわけですがね。
借金の事実は信用情報として登録されますし、その都度金利がかかるので、なるべくなら利用を抑えたいところ。
でも、どうしても急遽まとまったお金が必要になる事も出てくると思うので、こういった形で解決の道が残されていると助かります。

当たり前ですが、万人がこの方法を使えるとは限りません。
一度金融事故を起こしてしまうと、いくら専業主婦でも借りられるくらい審査が緩い企業でも、新規借り入れを断られる確率が格段に上がります。
本人でなくても、たとえば同居している夫が金融事故を起こすと、その妻も新規借り入れは絶望的になるというわけですね。
いくらカードを持っているからといって、無条件で貸してくれるわけではない事を覚えておかなければなりません。

ただ、こんな絶望的な状態でも、新規借り入れが可能なカードローンもごく一部ですが存在していると聞きました。
ただし、年収やすでに借り入れている額によっては、良くて数万円程度しか借りられないケースがあります。
こうなってしまうと、借り入れによる工面ではなく、生活環境そのものを変えるしか方法がなさそうです。
たとえば専業主婦など無職の場合だと、何らかの形で自分も就業して収入を得るといった方法がもっとも現実的ですね。

カードローンは反復利用が可能ですが、それなりの基準を満たす必要はあるので、より注意して利用しなければなりません。

夫のリストラが原因のカードローン利用

遠縁ではありますが、親族がお金関係で失敗してしまった事があります。
先日の法事で親戚が集まった時に初めて聞かされたのですが、本当に驚きました。

今から8年前、奥さんがキャッシング専用のカードを作りました。
理由は「子どもの学費」との事でしたが、それは申請に通るための嘘。
実際は、「夫が無職になり収入が激減してしまうので、当面の生活費を工面したい」のが理由だったそうです。

当時は金融危機の影響で今以上に景気が悪く、旦那さんが勤めていた会社が非常に危なくなり、行政の支援を受けて会社再生に乗りだしました。
その際、経営費削減の一環として大量のリストラが行われ、旦那さんも40年近く勤めた会社を解雇されてしまったそうです。

photo

すぐに職を探そうにも、そのような情勢な上に翌年還暦を迎える旦那さんを雇ってくれる会社が見つからず、絶望のどん底に落とされてしまいました。
ついには、当時高校2年生だった息子さんが、両親の反対を押し切って退学しフルタイムのアルバイトを始めるまでに至ったのです。

普通、無職の夫がいる主婦がお金を借りるなんて無理だと思われるでしょう。
しかし、その奥さんはスーパーでパートの仕事をしており収入を得ていたので、ひとまず50万円を借りる事に成功したそうです。

結局、リストラされてから現在に至るまで旦那さんは職に就く事ができず、そのまま老後の生活に入っています。
奥さんは現在もパートの仕事を続けており、息子さんは真面目な労働が認められて正社員に登用され、収入も格段に上がったそうです。
50万円って借金としてはさほど高額ではないかもしれませんが、やはり一般人にとっては相当な負担になります。
借りた50万円だけではなく、毎月発生するこれまた高額な金利も同時に支払わないといけないのですから。

奥さんは、現在もキャッシング専用のカードを持っているのでしょうか?
できる事なら避けたいキャッシングですが、今後また「不測の事態」が起きるかもしれないし、念のために持っていても良いかもしれませんね。

カードローンの種類

photo

カードローンと一口に言っても、実際にはいろんな種類のものが存在します。

もっとも一般的なカードローンは、従来のキャッシングの際に専用のカードを導入したようなものに近いですね。
見た目はキャッシュカードのように見えるけど、実はキャッシング用のカード……という事で、周りの目を気にする事なく使えるのがポイントです。
今は顧客のプライバシーに配慮する業者が増えているので、顧客側もより安心して利用できます。
昔のように、堅苦しいオフィスの窓口で、担当員と向かい合いながら専用の書類にあれこれ記述する……という光景は減りつつあるようです。

これの発展形で、専業主婦向けのカードローンというものも増えてきました。
増えてきたといっても、顧客側・業者側ともにそれなりのリスクを伴うので、利用額には厳しい上限が設けられています。
キャッシング利用額の上限は、専業主婦向けに限った事ではありません。
ただ、無収入の専業主婦が夫に内緒で借りようとする……つまり保証人を立てない場合、せいぜい数十万が限度になってしまいます。
夫が保証人になれば、夫の年収に応じた額が借りられるようになりますが、なかなか難しいのが現実ですよね。

さらに、事業者向けのカードローンというのも存在します。
普通の個人向けカードローンは、大半が「事業性資金としての利用不可」という規定を設けています。
しかし、事業者向けのカードローンは当然事業性資金として融資するわけですから、その上限額も大幅に跳ね上がります。
安くても数百万、高ければ億単位の融資を受ける事も可能です。
ただ、個人向け以上に厳格な基準が設けられているので、どんな業者でも借りられるわけではありません。
これは個人向けでも同じ事が言えますね。

一部の金融業者では、個人向けと事業者向けを兼ねたカードローンを提供しているところもあります。
オールマイティーなカードローンとして評判が高く、多くの利用者がいるみたいですよ。
そして、地域密着型とか特定の業種を支援するカードローンが次々と登場しており、カードローンも時代の流れと共に多彩化しつつあります。

普通の借金とは異なる、経営者向けの借金

親戚が、自営業で鮮魚店を営んでいます。
近年は安価を売りにするチェーン展開のスーパーが伸びてきていますが、やはり地元の主婦からは「こっち(親戚)のお店の方がいい」と支持されています。
そのおかげで、今でも何とか潰れずに営業しています。

しかし、完全な黒字かというと、残念ながらそうでもありません。
営業する上でどうしても必要な設備を整えなければいけませんし、大手スーパーに対抗するため売り値を調節しなければいけませんし、肝心の魚の仕入れ価格がやや上昇傾向にあるそうです。
魚の収穫量が減ってきているので、必然的に値段も上がってしまうのだとか。
なので、大赤字にならずとも、大して利益が上がっていないのも事実です。

そんなわけで、親戚宅は借金のお世話になった事があります。
借金をするほど追い込まれているのなら、遅かれ早かれ店は潰れる……と思われるかもしれません。
ただ、借り入れたのは開店準備資金で、現在も滞りなく返済を続けています。
確かに、借金の支払いが利益をさらに小さくしているのでしょうけどね。

photo

ちなみに、一般的な消費者金融での借金ではなく、親戚のように自ら企業を営んでいる人向けの借金プランがあるんだそうです。
一般的な借金だと、契約者本人の年収によって借り入れ上限額も決まります。
つまり、年収によっては必要な資金を工面する事ができないのです。
これは法律で決められており、本人や金融機関側の意思でどうこうできる事ではありません。

しかし、事業者向けの借金だと、その上限が存在しない事もあるんだそうです。
借り入れ上限が存在しなければ、必要な資金を工面する事ができるようになり、経営をスタートできるようになります。
その後、経営が軌道に乗り黒字を生み出せるかどうかは、経営者の腕次第です。
赤字になりたい経営者はいないでしょうから、みんな必死に頑張りますよね。

私も知らない事だらけなので、このサイトで勉強しました。
今度、親戚にも教えてあげようと思います。
自営業者の借入セレクト|個人事業主でも借りれるビジネスローン特集

ローン用のカードもデザインが気になる!

カードローンを利用するにあたり、当然ながらその企業のカードを発行しなければなりません。
しかし、クレジットカードならまだしも、ローン専用のカードともなると、「見られたら恥ずかしい……」と感じる人がいるかもしれません。
実際、私がそのタイプです(笑)

ただ、今ではプライバシー保護の一環として、カードローンだとバレないようなデザインを取り入れている企業もあるようです。
たとえば、社名が入っていないデザイン。
普通のカードだと、ほぼ必ずその企業のロゴなどが入っていますよね。
それが、配慮されているデザインだと存在しないので、一見はクレジットカードなのかカードローン用なのか判断がつきません。
わかるのは本人とその企業の人、そしてそのカードを利用した事がある人だけです。
企業の人はもちろん秘密厳守ですが、同じカードを利用した事がある人にとっても耳が痛い話なので、無闇に話題に出してくる事はないと思われます(笑)

「もうちょっとおしゃれなデザインはないかなぁ……」というケースにも対応している業者が存在します。
たとえば、女性向けのカードローンだと、デザインも女性利用者を意識しているようです。
私が知っているだけでも、とてもかわいらしいデザインのカードが存在するので、財布に入れているだけで華やかになります。

photo

中には、企業から認められたごく一部のセレブのみに発行されるブラックカードに似たデザインのものもあります。
一般人にはほど遠い存在ですが、カードの見た目だけでもセレブ気分を味わいたい……という人にはもってこいのデザインです。
当然ですが、カードローン用ですので、あくまで見た目だけです(笑)

クレジットカードのデザインに注目が集まる事が多いですが、持っている事自体バレたくないローン用カードこそ、デザインにこだわりたい人は多いのではないでしょうか。
プライバシーというと、「情報が外部に漏れないように……」という意識になりますが、カードのデザインをごまかすのも「プライバシーの保護」だと感じます。

フリーターでもカードローンを利用できるのか

以前、「専業主婦でも借りられるカードローンが存在する」という内容の記事を書きました。
本人は無職でも、配偶者である旦那の給料がそれなりにあれば貸してくれるという事です。

では、配偶者がおらず、本人の収入もさほど安定していないフリーターはどうなるのでしょうか?
一般的な消費者金融からは高確率で断られるフリーターでも、カードローンを利用できるのでしょうか?

答えはもちろん「企業によってはOK」です。
とにかく、返済の可能性が見込める人には、限度額が小さいものの貸してくれるケースが多いようです。
専業主婦とは異なり、自分で多少なりとも稼いでいるわけですから、その可能性はやや高くなるでしょう。

実際、フリーターながらもカードローンを利用している人は多いそうです。
むしろ、「フリーターだからこそカードローンに頼らざるを得ない」のかもしれません。

例えば一人暮らしの学生アルバイト。
地元を離れ、大学に通いながらアルバイトをして「学業」と「生活」を両立させている人がいます。
アルバイトですから収入は限られており、かつ生活費は自分で稼ぐ必要があり、さらには人付き合いの面での出費、病気や怪我など想定外の出費もあります。
給料日直後ならまだ多少は何とかなるかもしれませんが、給料日直前の金欠時期だと、カードローンなどに頼る事も対処法の1つとして考慮する事になります。

家族や友人など、身近な人から借りられればまだ安全ですが、「親しい人だからこそお金を借りたくない」とか「生活が苦しいと思われたくない」と思う人も少なからず存在します。
実際、そういう人のために存在しているカードローンもあります。
以前触れた専業主婦向けカードローンもその1つです。

一人暮らしであれば、郵送物によって借金の事実が周囲にバレてしまう可能性も低くなります。
完済するまで気は抜けませんが、少なくとも「借金が誰かにバレてしまうのでは……」と気負いする必要はあまりなさそうですね。

カードローンと普通の借金の違い

「カードローン」って今では当たり前の言葉になりましたが、出回り始めた当時は何の事かよくわかりませんでした。
「クレジットカードのローン支払いの事かな?」とも思ったのですが、それは「リボ払い」の事ですし……。

ちなみに、「カードを使ったキャッシング」の事を差すのが一般的なようです。
普通の借金とどう違うのかというと……強いて言えば手続き方法でしょうか。
その企業専用のカードを作り、お金を借りる際にそれを提示するのです。
それ以外は、基本的に普通の借金と同じです。
つまり、システムが微妙に違うのです。

photo

ただ、カードローンは普通の借金以上に優秀な面が多いですね。
たとえば、「誰にも知られないように手続きしてくれる」とか、「専業主婦やアルバイトでも簡単に貸してくれる」といった点でしょうか。
普通の借金であれば、必ず保証人の直筆署名などが必要だったり、自分以外の誰かに確認の電話や案内書が届くものです。
しかし、カードローンの場合はそういった事がほとんどないんです。
中には送られてくる企業もあるので、どうしてもひっそりこっそり借りたいのであれば、事前の情報収集を怠らない事が大切です。
まぁ、よく調べないままお金を借りる人はそんなにいないと思いますが……。

メリットしかないように思われますが、多少のデメリットもあるのは事実です。
もっとも大きいのは、「借り入れ上限額が低い」という事でしょうか。
企業にもよりますが大抵は30万円、良くて60万円までしか貸してくれません。
保証人の同意があればそれ以上借りられるでしょうけど、内緒で借りるのであればこれ以上のお金は“絶対に”貸してくれません。
もちろん、保証人の年収次第でも借り入れ上限額が変わります。

普通の借金とカードローン、どちらも長所と短所があります。
ある事情でこっそりお金を借りたいのであれば、やはりカードローンの方が良いかもしれません。
特に、安定した収入が得られない立場の人は、こちらじゃないと厳しいでしょう。