cardroanlife のすべての投稿

夫のリストラが原因のカードローン利用

遠縁ではありますが、親族がお金関係で失敗してしまった事があります。
先日の法事で親戚が集まった時に初めて聞かされたのですが、本当に驚きました。

今から8年前、奥さんがキャッシング専用のカードを作りました。
理由は「子どもの学費」との事でしたが、それは申請に通るための嘘。
実際は、「夫が無職になり収入が激減してしまうので、当面の生活費を工面したい」のが理由だったそうです。

当時は金融危機の影響で今以上に景気が悪く、旦那さんが勤めていた会社が非常に危なくなり、行政の支援を受けて会社再生に乗りだしました。
その際、経営費削減の一環として大量のリストラが行われ、旦那さんも40年近く勤めた会社を解雇されてしまったそうです。

photo

すぐに職を探そうにも、そのような情勢な上に翌年還暦を迎える旦那さんを雇ってくれる会社が見つからず、絶望のどん底に落とされてしまいました。
ついには、当時高校2年生だった息子さんが、両親の反対を押し切って退学しフルタイムのアルバイトを始めるまでに至ったのです。

普通、無職の夫がいる主婦がお金を借りるなんて無理だと思われるでしょう。
しかし、その奥さんはスーパーでパートの仕事をしており収入を得ていたので、ひとまず50万円を借りる事に成功したそうです。

結局、リストラされてから現在に至るまで旦那さんは職に就く事ができず、そのまま老後の生活に入っています。
奥さんは現在もパートの仕事を続けており、息子さんは真面目な労働が認められて正社員に登用され、収入も格段に上がったそうです。
50万円って借金としてはさほど高額ではないかもしれませんが、やはり一般人にとっては相当な負担になります。
借りた50万円だけではなく、毎月発生するこれまた高額な金利も同時に支払わないといけないのですから。

奥さんは、現在もキャッシング専用のカードを持っているのでしょうか?
できる事なら避けたいキャッシングですが、今後また「不測の事態」が起きるかもしれないし、念のために持っていても良いかもしれませんね。

カードローンの種類

photo

カードローンと一口に言っても、実際にはいろんな種類のものが存在します。

もっとも一般的なカードローンは、従来のキャッシングの際に専用のカードを導入したようなものに近いですね。
見た目はキャッシュカードのように見えるけど、実はキャッシング用のカード……という事で、周りの目を気にする事なく使えるのがポイントです。
今は顧客のプライバシーに配慮する業者が増えているので、顧客側もより安心して利用できます。
昔のように、堅苦しいオフィスの窓口で、担当員と向かい合いながら専用の書類にあれこれ記述する……という光景は減りつつあるようです。

これの発展形で、専業主婦向けのカードローンというものも増えてきました。
増えてきたといっても、顧客側・業者側ともにそれなりのリスクを伴うので、利用額には厳しい上限が設けられています。
キャッシング利用額の上限は、専業主婦向けに限った事ではありません。
ただ、無収入の専業主婦が夫に内緒で借りようとする……つまり保証人を立てない場合、せいぜい数十万が限度になってしまいます。
夫が保証人になれば、夫の年収に応じた額が借りられるようになりますが、なかなか難しいのが現実ですよね。

さらに、事業者向けのカードローンというのも存在します。
普通の個人向けカードローンは、大半が「事業性資金としての利用不可」という規定を設けています。
しかし、事業者向けのカードローンは当然事業性資金として融資するわけですから、その上限額も大幅に跳ね上がります。
安くても数百万、高ければ億単位の融資を受ける事も可能です。
ただ、個人向け以上に厳格な基準が設けられているので、どんな業者でも借りられるわけではありません。
これは個人向けでも同じ事が言えますね。

一部の金融業者では、個人向けと事業者向けを兼ねたカードローンを提供しているところもあります。
オールマイティーなカードローンとして評判が高く、多くの利用者がいるみたいですよ。
そして、地域密着型とか特定の業種を支援するカードローンが次々と登場しており、カードローンも時代の流れと共に多彩化しつつあります。

普通の借金とは異なる、経営者向けの借金

親戚が、自営業で鮮魚店を営んでいます。
近年は安価を売りにするチェーン展開のスーパーが伸びてきていますが、やはり地元の主婦からは「こっち(親戚)のお店の方がいい」と支持されています。
そのおかげで、今でも何とか潰れずに営業しています。

しかし、完全な黒字かというと、残念ながらそうでもありません。
営業する上でどうしても必要な設備を整えなければいけませんし、大手スーパーに対抗するため売り値を調節しなければいけませんし、肝心の魚の仕入れ価格がやや上昇傾向にあるそうです。
魚の収穫量が減ってきているので、必然的に値段も上がってしまうのだとか。
なので、大赤字にならずとも、大して利益が上がっていないのも事実です。

そんなわけで、親戚宅は借金のお世話になった事があります。
借金をするほど追い込まれているのなら、遅かれ早かれ店は潰れる……と思われるかもしれません。
ただ、借り入れたのは開店準備資金で、現在も滞りなく返済を続けています。
確かに、借金の支払いが利益をさらに小さくしているのでしょうけどね。

photo

ちなみに、一般的な消費者金融での借金ではなく、親戚のように自ら企業を営んでいる人向けの借金プランがあるんだそうです。
一般的な借金だと、契約者本人の年収によって借り入れ上限額も決まります。
つまり、年収によっては必要な資金を工面する事ができないのです。
これは法律で決められており、本人や金融機関側の意思でどうこうできる事ではありません。

しかし、事業者向けの借金だと、その上限が存在しない事もあるんだそうです。
借り入れ上限が存在しなければ、必要な資金を工面する事ができるようになり、経営をスタートできるようになります。
その後、経営が軌道に乗り黒字を生み出せるかどうかは、経営者の腕次第です。
赤字になりたい経営者はいないでしょうから、みんな必死に頑張りますよね。

私も知らない事だらけなので、このサイトで勉強しました。
今度、親戚にも教えてあげようと思います。
自営業者の借入セレクト|個人事業主でも借りれるビジネスローン特集

ローン用のカードもデザインが気になる!

カードローンを利用するにあたり、当然ながらその企業のカードを発行しなければなりません。
しかし、クレジットカードならまだしも、ローン専用のカードともなると、「見られたら恥ずかしい……」と感じる人がいるかもしれません。
実際、私がそのタイプです(笑)

ただ、今ではプライバシー保護の一環として、カードローンだとバレないようなデザインを取り入れている企業もあるようです。
たとえば、社名が入っていないデザイン。
普通のカードだと、ほぼ必ずその企業のロゴなどが入っていますよね。
それが、配慮されているデザインだと存在しないので、一見はクレジットカードなのかカードローン用なのか判断がつきません。
わかるのは本人とその企業の人、そしてそのカードを利用した事がある人だけです。
企業の人はもちろん秘密厳守ですが、同じカードを利用した事がある人にとっても耳が痛い話なので、無闇に話題に出してくる事はないと思われます(笑)

「もうちょっとおしゃれなデザインはないかなぁ……」というケースにも対応している業者が存在します。
たとえば、女性向けのカードローンだと、デザインも女性利用者を意識しているようです。
私が知っているだけでも、とてもかわいらしいデザインのカードが存在するので、財布に入れているだけで華やかになります。

photo

中には、企業から認められたごく一部のセレブのみに発行されるブラックカードに似たデザインのものもあります。
一般人にはほど遠い存在ですが、カードの見た目だけでもセレブ気分を味わいたい……という人にはもってこいのデザインです。
当然ですが、カードローン用ですので、あくまで見た目だけです(笑)

クレジットカードのデザインに注目が集まる事が多いですが、持っている事自体バレたくないローン用カードこそ、デザインにこだわりたい人は多いのではないでしょうか。
プライバシーというと、「情報が外部に漏れないように……」という意識になりますが、カードのデザインをごまかすのも「プライバシーの保護」だと感じます。

フリーターでもカードローンを利用できるのか

以前、「専業主婦でも借りられるカードローンが存在する」という内容の記事を書きました。
本人は無職でも、配偶者である旦那の給料がそれなりにあれば貸してくれるという事です。

では、配偶者がおらず、本人の収入もさほど安定していないフリーターはどうなるのでしょうか?
一般的な消費者金融からは高確率で断られるフリーターでも、カードローンを利用できるのでしょうか?

答えはもちろん「企業によってはOK」です。
とにかく、返済の可能性が見込める人には、限度額が小さいものの貸してくれるケースが多いようです。
専業主婦とは異なり、自分で多少なりとも稼いでいるわけですから、その可能性はやや高くなるでしょう。

実際、フリーターながらもカードローンを利用している人は多いそうです。
むしろ、「フリーターだからこそカードローンに頼らざるを得ない」のかもしれません。

例えば一人暮らしの学生アルバイト。
地元を離れ、大学に通いながらアルバイトをして「学業」と「生活」を両立させている人がいます。
アルバイトですから収入は限られており、かつ生活費は自分で稼ぐ必要があり、さらには人付き合いの面での出費、病気や怪我など想定外の出費もあります。
給料日直後ならまだ多少は何とかなるかもしれませんが、給料日直前の金欠時期だと、カードローンなどに頼る事も対処法の1つとして考慮する事になります。

家族や友人など、身近な人から借りられればまだ安全ですが、「親しい人だからこそお金を借りたくない」とか「生活が苦しいと思われたくない」と思う人も少なからず存在します。
実際、そういう人のために存在しているカードローンもあります。
以前触れた専業主婦向けカードローンもその1つです。

一人暮らしであれば、郵送物によって借金の事実が周囲にバレてしまう可能性も低くなります。
完済するまで気は抜けませんが、少なくとも「借金が誰かにバレてしまうのでは……」と気負いする必要はあまりなさそうですね。

カードローンと普通の借金の違い

「カードローン」って今では当たり前の言葉になりましたが、出回り始めた当時は何の事かよくわかりませんでした。
「クレジットカードのローン支払いの事かな?」とも思ったのですが、それは「リボ払い」の事ですし……。

ちなみに、「カードを使ったキャッシング」の事を差すのが一般的なようです。
普通の借金とどう違うのかというと……強いて言えば手続き方法でしょうか。
その企業専用のカードを作り、お金を借りる際にそれを提示するのです。
それ以外は、基本的に普通の借金と同じです。
つまり、システムが微妙に違うのです。

photo

ただ、カードローンは普通の借金以上に優秀な面が多いですね。
たとえば、「誰にも知られないように手続きしてくれる」とか、「専業主婦やアルバイトでも簡単に貸してくれる」といった点でしょうか。
普通の借金であれば、必ず保証人の直筆署名などが必要だったり、自分以外の誰かに確認の電話や案内書が届くものです。
しかし、カードローンの場合はそういった事がほとんどないんです。
中には送られてくる企業もあるので、どうしてもひっそりこっそり借りたいのであれば、事前の情報収集を怠らない事が大切です。
まぁ、よく調べないままお金を借りる人はそんなにいないと思いますが……。

メリットしかないように思われますが、多少のデメリットもあるのは事実です。
もっとも大きいのは、「借り入れ上限額が低い」という事でしょうか。
企業にもよりますが大抵は30万円、良くて60万円までしか貸してくれません。
保証人の同意があればそれ以上借りられるでしょうけど、内緒で借りるのであればこれ以上のお金は“絶対に”貸してくれません。
もちろん、保証人の年収次第でも借り入れ上限額が変わります。

普通の借金とカードローン、どちらも長所と短所があります。
ある事情でこっそりお金を借りたいのであれば、やはりカードローンの方が良いかもしれません。
特に、安定した収入が得られない立場の人は、こちらじゃないと厳しいでしょう。

旦那に内緒での借金は常に要注意

よく、「多重債務について、お気軽にご相談ください」というCMを見かけます。
そのたびに、「あの時は凄かったなぁ……」と思い出す事がしばしば。

もちろん私じゃないですよ!(笑)
昔勤めていた職場のある社員の話です。

その社員は、奥さんと生まれたばかりのお子さんがいました。
奥さんも同じ会社で勤めていましたが、結婚を機に退職して専業主婦となっていました。
ただ、奥さんはかなりの仕事人間として生きていたので、専業主婦になった事により家にこもりがちとなる事が増えていたようです。
キャリアウーマンを目指していたのに専業主婦になっている事と、慣れない子育てにより、かなりストレスが溜まっていたみたいです。
旦那さんであるその社員も、その事には薄々感づいていたようですが、「家族を養わなければならない」という責任感から黙々と働く日々。
不景気であるにも関わらず、その会社は黒字が続いており、仕事も多かったので、私もその社員も残業する事が多くなっていました。

どうやら、ストレスが爆発してしまったんでしょうね。
奥さんは、旦那さんに内緒で借金をし、そのお金でショッピングを楽しんでいたそうです。
見慣れないブランド品がいくつも家にある事を旦那さんが不振に思った事で、発覚してしまったのだとか。

Shopping time

旦那さんは、「まさか専業主婦が借金できるなんて……」と驚いたようですが、専業主婦でも借金できる方法が専業主婦消費者金融インフォなどで紹介されているんですね。
割と早く気付いたおかげで、借金は合計60万円でストップとなりました。
ただ、一般人の視点で見ると、結構な大金ですよね。

当然奥さん本人は支払えませんので、旦那さんが返済していました。
風の便りで聞いたのですが、やはり相当な大ゲンカになったらしく、離婚調停の話まで出たそうです。
結局、最終的にどうなったのかはわかりませんが、仮に旦那に内緒でお金を借りられたとしても、その後の「借金バレ対策」をしっかりしていないと意味がないんだなぁと教えられた気分です。

専業主婦とカードローンの関係

カードローンを利用できるのって、基本的には安定した収入がある人に限られますよね。
普通は正社員、よくてパートなどのまとまった収入がないと、大抵は利用を断られます。
企業側も「商売」として融資しているので、そのお金が返ってくる可能性が低い人には、当たり前ですが貸してくれません。

でも、世の中には「家計を支える専業主婦のためのカードローン」も実在します。
専業主婦は無職という事になるので、“普通のカードローンは”利用できない印象があります。
そんな専業主婦の最後の砦になってくれるのが、こういった専業主婦向けのカードローンというわけですね。

photo

「収入がないのに、どうやって返すの?」と思われるでしょう。
確かに、専業主婦自身は収入を得ていません。
ところが、旦那にそれなりの収入があれば、その額に応じて借りる事ができるんです。
専業主婦の借金に限った事ではありませんが、借金額には法律で上限が設けられています。
なのでそれ以上の借金はほぼ確実にできませんし、もし抜け道があったとしてもその後の信用情報に傷がつくのは間違いありません。

実は、学生時代の友人が専業主婦でありながらカードローンを利用しています。
理由は、肺炎で長期入院が必要となった子どもの医療費工面。
そういう理由なら旦那さんの名義でいいじゃないかと思ったのですが、実は旦那さんは結婚する少し前にカードの支払いを停滞した事があり、借金が難しいんだそうです。
ブラックリストから情報が消える期間を過ぎていないため、友人が借りる事にしたわけです。
旦那さんは平謝りだったそうですよ。

今回の友人のケースでは、旦那さんが承知した上で借金をしているのですが、実は旦那さんにこっそり借りる事も可能なんです。
ただ、その場合は上限額がかなり低くなるみたいです。
旦那さんのOKが得られない専業主婦がこっそり借りるわけですから、上限が低くなるのも無理はないんですけどね。
できる事なら、借金は最後の方法としてとっておきたいでしょう。

初めてカードローンを利用した時

カードローンは限りなく借金に使いので、なるべくなら利用しない方が良いという事になります。
ただ、よほど金策に困ってしまった時や、年に数回程度なら、心強い味方になってくれるでしょう。
ローンや借金ってどうしてもマイナスのイメージが強いですが、案外プラスになる事もありますよ。

そんな私が初めてカードローンを利用したのは、今から5年前でした。
当時、私は仕事の関係で独り暮らしを始めたばかりでした。
平日はどうしても忙しくて、土日にしか時間が取れず、引っ越し費用はかなりかかりました。
また、敷金・礼金・家賃に加え、必要な家具や家電用品なども買い揃えた事から、その出費額は完全に桁が違っていました。
一応それなりの収入はありましたが、貯金をほとんど切り崩したくらいです。

そんなタイミングにも関わらず、私は田舎を離れ都会で独り暮らしを始めた解放感から、遊び歩く機会が一気に増えました。
ただでさえお金が足りない時だったのに、ほぼ毎日湯水のごとくお金を使ってしまいました。
そんなわけで、給料日直前にもなると、その日の食事にすら困るようになりました。

さらに、その時不摂生がたたって体調を酷く崩してしまい、仕事を休んで病院に行く羽目になりました。
その出費により、もう生活費が工面できないレベルになってしまいました。
そこで、人生で初めてカードローンを利用したわけです。
幸い、クレジットカードはまだ有効でしたから、藁を掴む思いでATMに駆け込みました。
あの時借りられなかったらと思うと、今でもぞっとしますね。

photo

3日後が給料日だったので、一括で返済しました。
借りたのはわずか1万円ですが、当時の私にとっては大金を借りている感覚でした。
ありがたい事に、1週間以内の一括返済という事で、金利は発生しませんでした。
「これならまた借りてもいいかも……」と一瞬思いましたが、何度も利用していると信用がなくなりそうだったので、あくまで「いざという時の最終手段」に留めておきます。

キャッシングとカードローンの違い

お金を貸してくれるといえば、消費者金融や銀行がありますが、よく「キャッシング」と「カードローン」というふたつの言葉を見かけます。

これってどういう違いがあるんだろう?っていつも疑問に思っていたのでちょっと調べてみました。

すると、どちらの言葉も同じものだということがわかりました。

昔は「キャッシング」は一括返済するもの、「カードローン」は分割払いするものと区別があったそうなのですが、今ではなくなってしまったみたいです。
今ではどちらでもお金を借りる方法や、返済手段など変わりがないということですね。
ただ、キャッシングっていう言葉があまりイメージが良くないので銀行では使われていないということも知りました。

ちなみに、消費者金融と銀行ではお金を借りるということに変わりはありませんが、審査が通りにくい通りやすいや、金利がちょっと違ったりするので、自分に合わせたところで借りるのがオススメです。

例えば、ほんのわずかなお金を借りて1週間や1ヶ月以内に全額まとめて返せる!っていう時は、消費者金融の無利息サービスを利用すると金利が発生せずに借りれるなんてこともできます。
1週間や1ヶ月は無利息なんていう広告、よく見かけますよね。

逆に、銀行ではわずかな金額を借りる時は消費者金融よりも金利が低めなことが多いですが、審査がちょっと厳しいところがあります。
また、何百万と高額の借り入れがしたい時などは、銀行なら総量規制対象外なので年収に左右されませんし、収入証明不要なんて場合もあったりします。

自分がいくら借りたいのか、いつまでに返済ができるのかといったシミュレーションをしながらお金を借りる計画をたてて、それから借り入れすることで借金地獄に陥ることを防げますので必ずするようにしましょう。
消費者金融などは貸し付けができるかどうか、簡単な質問に答えるだけえすぐに結果がわかりシミュレーターがサイトにあるところもありますので利用してみるといいでしょう。