月別アーカイブ: 2016年3月

カードローンの借り入れは病気のため

今から10年近く前の事です。
ある大手電器店に勤めていたのですが、仕事中に我慢できないほどの胃の痛みに襲われました。
会話するのも、立っていても座っていても辛くて、見かねた店長が早退を許可してくれたので、病院で診察を受けました。
すると、なんと急性胃炎を患っている事が発覚したのです。
まだギリギリ自宅療養レベルでしたが、あと少しでも悪化したら即入院と言われ、私はしばらく仕事を休んで療養しなければなりませんでした。

photo

ここから、とても肉体的にも精神的にも辛い時期が始まりました。
出勤できないという事は、当然収入がなくなります。
有給休暇を使おうか考えたのですが、後にもっと大変な事になった時に困るかもしれないと思い、結局使いませんでした。
今思えば、この時素直に有給休暇を使っていれば……と後悔するばかりです。

当時まだ独身で一人暮らしでしたので、生活費などは自分で稼がなくてはなりませんでした。
しかも、引っ越したばかりで手持ちも銀行口座にもあまり経済的な余裕はなく、さらに医療費がかかる事になったので、とにかく生活費を削る事に必死でした。
胃炎のせいでまともに食事ができなかったのですが、薬を服用しなければならなかったので、やはり何かしら食べる必要はありました。

この時、私は人生初のカードローンを利用する事に。
とりあえず、5万円で1ヶ月頑張ろうと決意。
傷病手当金は医療費に回し、最低限の食費だけでも確保したかったのです。
おかゆは消化の事を考えるとあまり良くないと言われたので、とりあえず電子レンジで温めるタイプのご飯をスーパーでまとめ買いしました。
これが、胃の病気ではなく怪我での療養だったら、どうなっていたでしょうか。
空腹に耐えきれず発狂していたかもしれません。

結局、仕事に復帰できるまで、1ヶ月少々かかりました。
案の定、2ヶ月連続で普段の半分の収入しか得られませんでしたが、借りた5万円+αは比較的短期間で返済する事ができました。
私が「暴飲暴食の回避」と「日頃からの貯蓄・節約」を徹底するようになったのは、この体験がきっかけです。

気軽に利用できるカードローン

ふと思ったのですが、カードローンって借り入れ審査が比較的緩いところが多くないですか?
一般的な消費者金融の場合、「無職」とか「フリーター」とか「フリーターじゃなくても年収が低い」という場合、借りられない可能性の方が高いですよね。
でも、カードローンの場合は「専業主婦OK・フリーターOK!」というところが散見されます。

Happy woman using credit card for shopping

もちろん、それはそれで独自の審査基準があるんでしょうけど、中には保証人不要というところさえあります。
保証人が必要ない分、借り入れ上限額がかなり低くなる(だいたい数万円程度)みたいですが、収入が乏しい人が家族に秘密で借りる場合、致し方ない事だと思います。
たかが数万円程度でも、返せなければ信用情報に傷がつきますからね。

勘違いしてほしくないのは、「カードローンでも厳しいところはあるし、カードローン以外にも専業主婦にお金を貸してくれるところはある」という事です。
たとえば、とある地方銀行の話ですが、金融商品のうちの1つに「専業主婦でも借り入れ可能」である事を明記しているケースがあります。
夫だとか親だとか、安定した収入を得ている保証人が必要という可能性はありますが……。

また、カードローンは個人単位ではなく、事業者として借りる事もできますね。
この場合、事業性資金として使うわけですから、上限額もかなり高くなります。
地方銀行だと、地域活性化を目的とした事業者ローンに力を入れている傾向が強いです。
事業内容に不透明な部分があると融資を断られてしまいますが、それはどこの業者も同じ。
一度、専用のカードを発行すれば、提示する事で繰り返し融資を受けられるのも利便性が高いですね。

最初の方に話を戻しますが、融資額の上限が低くても、借り入れ時にさまざまな融通を利かせてくれる業者も多いです。
たとえば「家族にも知られたくない……」という場合だと、書類やDMなどの送付を一切しないとか、家族への確認が行われないといった対応。
審査基準が他より緩く、プライバシーにも配慮してくれるカードローンは、安心して利用できる頼もしい存在ですね。