月別アーカイブ: 2016年7月

安定した生活と引き換えに……

一時期、カードローンの支払いで苦しい生活を強いられていました。
「迫力あるホームシアターを楽しみたい」という理由から、大型プラズマテレビを購入するための資金を借りたのが事の始まりでした。

photo

それなりに良い物を買ったので、お値段12万円をカードローンで工面したのです。
本当はもう少し借りて設備を揃えたかったのですが、当時一人暮らしのフリーターであり、上限額も低く不安もあったので、ここで留めておきました。
あの時欲張らなくて良かったと、心の底から思っています……。

当時の月収が約14万円、そこから生活費を差し引くと、自由に使えるお金はかなり限られます。
毎月1万円+金利を丸1年かけて返済する事になりました。
最初のうちは、「1万円くらいなら何とか返していけるだろう」と楽観的でした。

しかし、元本はともかく金利が結構痛い事に気づいたのです。
おまけに、プラズマテレビの電気代が想像以上に生活費を圧迫しており、バイトで疲れ果てて帰ってくる事もあり、あまり活用はできませんでした。
人生を振り返っても、あれ以上に「高い買い物」をした事はないですね。

返済がようやく折り返しに差し掛かった辺りで、大変な事件が発生。
実家の両親が来ていた時に、しまい忘れていたカードローンの明細を見られてしまったのです。
当然追及されましたし、怒られました。
「フリーターの稼ぎしかないのにこんな事して!」
まぁ、プラズマテレビを見られた時点でこうなる事は覚悟していたんですけどね。そもそも、家に来ると思ってなかったので(汗)

それからは、「ちゃんと借金は返せているのか」という内容の連絡が頻繁に来るようになりました。
返済自体は滞りなく出来ていたけど、代わりに質素な食事を1日2回にするレベルの生活をしている事までは言えませんでした。
言ったら、確実に実家に連れ戻されると思ったので……。

丸1年の返済生活は、トラブルを起こさず無事に乗り越える事が出来ました。
ちなみにプラズマテレビは、まだ家にあります。
正社員として就職し、収入が格段に増えたので、以前よりも楽しむ余裕が出来たのが嬉しいです。
でも、もう二度とあんな楽観的な買い物はできません。