初めてカードローンを利用した時

カードローンは限りなく借金に使いので、なるべくなら利用しない方が良いという事になります。
ただ、よほど金策に困ってしまった時や、年に数回程度なら、心強い味方になってくれるでしょう。
ローンや借金ってどうしてもマイナスのイメージが強いですが、案外プラスになる事もありますよ。

そんな私が初めてカードローンを利用したのは、今から5年前でした。
当時、私は仕事の関係で独り暮らしを始めたばかりでした。
平日はどうしても忙しくて、土日にしか時間が取れず、引っ越し費用はかなりかかりました。
また、敷金・礼金・家賃に加え、必要な家具や家電用品なども買い揃えた事から、その出費額は完全に桁が違っていました。
一応それなりの収入はありましたが、貯金をほとんど切り崩したくらいです。

そんなタイミングにも関わらず、私は田舎を離れ都会で独り暮らしを始めた解放感から、遊び歩く機会が一気に増えました。
ただでさえお金が足りない時だったのに、ほぼ毎日湯水のごとくお金を使ってしまいました。
そんなわけで、給料日直前にもなると、その日の食事にすら困るようになりました。

さらに、その時不摂生がたたって体調を酷く崩してしまい、仕事を休んで病院に行く羽目になりました。
その出費により、もう生活費が工面できないレベルになってしまいました。
そこで、人生で初めてカードローンを利用したわけです。
幸い、クレジットカードはまだ有効でしたから、藁を掴む思いでATMに駆け込みました。
あの時借りられなかったらと思うと、今でもぞっとしますね。

photo

3日後が給料日だったので、一括で返済しました。
借りたのはわずか1万円ですが、当時の私にとっては大金を借りている感覚でした。
ありがたい事に、1週間以内の一括返済という事で、金利は発生しませんでした。
「これならまた借りてもいいかも……」と一瞬思いましたが、何度も利用していると信用がなくなりそうだったので、あくまで「いざという時の最終手段」に留めておきます。