カードローンと普通の借金の違い

「カードローン」って今では当たり前の言葉になりましたが、出回り始めた当時は何の事かよくわかりませんでした。
「クレジットカードのローン支払いの事かな?」とも思ったのですが、それは「リボ払い」の事ですし……。

ちなみに、「カードを使ったキャッシング」の事を差すのが一般的なようです。
普通の借金とどう違うのかというと……強いて言えば手続き方法でしょうか。
その企業専用のカードを作り、お金を借りる際にそれを提示するのです。
それ以外は、基本的に普通の借金と同じです。
つまり、システムが微妙に違うのです。

photo

ただ、カードローンは普通の借金以上に優秀な面が多いですね。
たとえば、「誰にも知られないように手続きしてくれる」とか、「専業主婦やアルバイトでも簡単に貸してくれる」といった点でしょうか。
普通の借金であれば、必ず保証人の直筆署名などが必要だったり、自分以外の誰かに確認の電話や案内書が届くものです。
しかし、カードローンの場合はそういった事がほとんどないんです。
中には送られてくる企業もあるので、どうしてもひっそりこっそり借りたいのであれば、事前の情報収集を怠らない事が大切です。
まぁ、よく調べないままお金を借りる人はそんなにいないと思いますが……。

メリットしかないように思われますが、多少のデメリットもあるのは事実です。
もっとも大きいのは、「借り入れ上限額が低い」という事でしょうか。
企業にもよりますが大抵は30万円、良くて60万円までしか貸してくれません。
保証人の同意があればそれ以上借りられるでしょうけど、内緒で借りるのであればこれ以上のお金は“絶対に”貸してくれません。
もちろん、保証人の年収次第でも借り入れ上限額が変わります。

普通の借金とカードローン、どちらも長所と短所があります。
ある事情でこっそりお金を借りたいのであれば、やはりカードローンの方が良いかもしれません。
特に、安定した収入が得られない立場の人は、こちらじゃないと厳しいでしょう。