カードローンの種類

photo

カードローンと一口に言っても、実際にはいろんな種類のものが存在します。

もっとも一般的なカードローンは、従来のキャッシングの際に専用のカードを導入したようなものに近いですね。
見た目はキャッシュカードのように見えるけど、実はキャッシング用のカード……という事で、周りの目を気にする事なく使えるのがポイントです。
今は顧客のプライバシーに配慮する業者が増えているので、顧客側もより安心して利用できます。
昔のように、堅苦しいオフィスの窓口で、担当員と向かい合いながら専用の書類にあれこれ記述する……という光景は減りつつあるようです。

これの発展形で、専業主婦向けのカードローンというものも増えてきました。
増えてきたといっても、顧客側・業者側ともにそれなりのリスクを伴うので、利用額には厳しい上限が設けられています。
キャッシング利用額の上限は、専業主婦向けに限った事ではありません。
ただ、無収入の専業主婦が夫に内緒で借りようとする……つまり保証人を立てない場合、せいぜい数十万が限度になってしまいます。
夫が保証人になれば、夫の年収に応じた額が借りられるようになりますが、なかなか難しいのが現実ですよね。

さらに、事業者向けのカードローンというのも存在します。
普通の個人向けカードローンは、大半が「事業性資金としての利用不可」という規定を設けています。
しかし、事業者向けのカードローンは当然事業性資金として融資するわけですから、その上限額も大幅に跳ね上がります。
安くても数百万、高ければ億単位の融資を受ける事も可能です。
ただ、個人向け以上に厳格な基準が設けられているので、どんな業者でも借りられるわけではありません。
これは個人向けでも同じ事が言えますね。

一部の金融業者では、個人向けと事業者向けを兼ねたカードローンを提供しているところもあります。
オールマイティーなカードローンとして評判が高く、多くの利用者がいるみたいですよ。
そして、地域密着型とか特定の業種を支援するカードローンが次々と登場しており、カードローンも時代の流れと共に多彩化しつつあります。