さすがに個人からは借りられなかった

急遽、まとまったお金が必要になった時がありました。
決してギャンブルにはまったとか、大きなトラブルに巻き込まれたというわけではありません。

当時、我が家は何かとお金が必要な用件が重なっており、その費用を捻出する方法を必死で考えました。
貯金がないわけではなかったのですが、はっきり言って同世代の人よりもかなり少ない額だったので、手を出したくなかったのです。
そうなると、「誰かから、どこかから借りる」という選択肢しか残らなくなります。
借りる以上は返さないといけません。実家の身内や友人から借りようにも、さすがに「20万円貸して!」なんて言えませんでしたし、消費者金融は金利を払えるか不安でした。

悩みに悩んだ結果、個人から借りられる額ではないので、大人しく消費者金融へ申請する事に。
口座を開設している銀行がカードローンに対応していたので、さっそく申し込みを済ませました。
普通に働いてお給料を貰っていたとはいえ、審査に落とされたらショックで立ち直れないかも……と不安でなりませんでした。
ほどなくして審査結果が届き、無事に希望額の20万が融資される事になり、ひとまずその時点ではほっとしました。

photo

ただ、その後の返済は結構苦労しました。
金利込みで23万円ほど。低金利で助かりましたが、当時一人暮らしだった私の生活をかなり圧迫したのは言うまでもありません。
とにかく返済を停滞させたくなかったので、必死で働いて稼いで毎月2万円ずつ、1年かけて返しました。
一人暮らしの身に2万円は結構大きいですよ。毎日の生活を切り詰めないと、とてもじゃないけどやっていけませんでした。

無事に完済できた時、「これからは毎月の貯金額を増やそう」と決意した次第です(笑)
まぁ、何だかんだで「やっぱり貯金は崩したくない」って思いそうですがね。
ちなみに、カードローンを利用した事は、誰にも話していません。きっと誰にもバレてないはずです。
あまり大っぴらにする事でもないので、表立って話そうとは思わないです。